サイト内コンテンツ:同人活動 読み物 メール

モンハンプレイ日記移動しました。リンク集より飛べます。

2008年10月29日

【狩り】ナルガX装備の真髄?

ナルガX装備=回避性能+回避距離の回避びゅんびゅん装備。
PSの不足もあって「使えないじゃーん!」とか言ってた柊さんですが、ナルガたんに謝らなくてはいけません。

回避性能+回避距離、すげーわ。

ことは水大剣ガノトトスを強化するため、かつては「大剣っていうか、ソロじゃ無理だろこいつ!」「ガノトトス嫌い!」と毛嫌ってたガノトトス&ガノトトス亜種と戦わざるを得ない状況になった本日。
ガノトトス相手では激運とか言ってられず、とにかく試行錯誤。
ガノトトスの何がイヤって、ブレス→駆け寄って切りつけ→タックルを受けてアボーン、という流れである。タックルを緊急回避で避けると、今度は立ち上がったところを尻尾回転が待っているといういやらしさ。

で、ふと思ったのですよ。
タックル、回避性能で回転回避できるんじゃね? と。

早速、まずは比較的楽なガノトトス原種へ。
ブレスを吐いたところへ抜刀→回転切り、としたところでタックルモーション……すかさず回転回避!!

か、かわしたーーー!!

流石に全部かわすことは出来ませんでしたが、それでも半分以上を回転で回避し、そのまま回転で回転攻撃の範囲外へ逃げられた。性能だけでなく、距離もイイ感じです。

かつて落ちまくっていたガノトトス・ガノトトス亜種を1回ずつ挑戦し、どちらも落ちることなく、回復薬G7つと秘薬1個程度で捕獲に成功。もう少し慣れれば、もっと回復薬は節約できるかも。切れ味がすぐ鈍る宵闇だったので、砥石使ってる間にブレス食らったりしたし。
何気に水耐性も高くて、まさに対ガノトトス装備って感じです。


ガノトトス種を相手にしてみて、ついに回避性能と回避距離の真髄をみた気分です。
こりゃ、慣れれば凄いわ。回避びゅんびゅん装備……。
posted by 柊雅史 at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | MHP2G日記

【狩り】なつかしの……

フルフルハンマーを作ろうとしたところ、浮岳龍の体液(だったかな?)が1個足りず。

キークエでクリアして以来のヤマツカミ戦です。

初遭遇のPT戦ではなす術なく吸い込まれて落ちまくり「各自で戦い方を練習」という、後にも先にも初めての宿題となった、ヤマツカミ。
かつては「大剣じゃ何もできない!」「ガンナーにならないとダメなのか!?」という、絶望を感じたヤマツカミ。
それが今では……晩酌しながらの35分で、ほぼノーダメージで討伐。
これほど敵の攻撃パターンとモーションを覚え、対処するのがモンハンの醍醐味である、というのが顕著に現れる敵がいるだろうか。
絶対に無理、と思っていた相手が、パターンとモーションを覚えた今では、吐き出した雷光虫による微細なダメージしか受けないなんて。実際、回復薬Gを1個使っただけだったし。

バサルやディアでPSの凋落を感じ、しかし、今回のヤマツカミで「それでも僕は前に進んでいる!」と感じた。
モンハンはやっぱりいいゲーム。
これほどまでにキャラではなくプレイヤー自身がレベルアップする実感を覚えるゲームは、ちょっと記憶にない。


いやホント、まだモンハンやってない人は、是非とも、是非とも今からでもいいのでやってみて欲しい。
出来ることが増えていくのは、本当に楽しいのだ。
posted by 柊雅史 at 02:15| Comment(0) | TrackBack(0) | MHP2G日記