サイト内コンテンツ:同人活動 読み物 メール

モンハンプレイ日記移動しました。リンク集より飛べます。

2009年02月24日

【iM@S】Dランク失敗……【LV2】

いまいちワケの分からぬまま迎えたDランクへの挑戦。



見事に失敗! ヤホーーーイ!!!



orz
ぃゃ、初見じゃ無理だろコレ……。


最終成績
評価 15/100点(E+)
ランクE(85,563人)
春香の評価:F


春香からの評価がFって。酷すぎるだろjk……。
まぁね、色々と反省点はあります。次回はその辺を生かして頑張りたい。以下、備忘録を兼ねつつ、ベテランPさんたちに是非ともアドバイスをお願いしたい。


○朝の挨拶他、会話
……基準が全く分からない。同じ選択肢を選んでもダメだし、もしかしてこれ、ただの運? 完全ランダム?

○オーディション選択
Eランクになった後は2番目のタグを選んでことごとく玉砕。
どうやら2番目のタグは早かったようで。ルーキーに挑んでコツコツファンを集めれば良かったっぽい。

○レッスン
慣れ、ですかね?
ハードだと60秒あるので、いくつかのレッスンはGOODが取れる様子。基本、ハードを選ぶようにすると良いかも。
後、衣装とかとレッスンって何か関係あるのだろうか??

○約束
約束、守ったのは7割程度。
今週の約束なら覚えていられるけど、2週後とかだと難しい。しかも覚えにくい名前や会社名が出るとお手上げ。
考えてみれば日常生活でも商談日程はメモするのが必須なのだから、きちんと約束は管理しないとダメですよね(^^A


まぁ、今回は途中から「ダメっぽいなぁ」という姿勢で挑んでいたので、仕方ない結果か。
次回はこの辺を反省し、せめて約束を管理するメモくらいは執りながらやりたいところ。
後、オーディションはあれだね。歌をある程度覚えてないとダメっぽいね。押すタイミングが分からんよ、まったく。



てなわけで次は春香をリベンジ……ではなく、せっかくなので真でも選んでみようと思います。
なになに、真は……ボクっ子か!!

果たして真は柊さんのボクっ子王座・アルル=ナジャを越えるボクっ子になれるのだろうか!? 乞う、ご期待!!



とりあえず、目標はDランク突破で!!
posted by 柊雅史 at 22:57| Comment(1) | TrackBack(0) | その他

【iM@S】買って来たヨー!【LV1】

結局、今日の帰り道に買って来た(^^A
購入したのはパーフェクトサンです。TOWはちょっとお休みで!(二度とやらない予感もしなくはない)

で、今日から始まるひいらぎプロデューサーさんの芸能界人生! まずは説明書を華麗にスルーしてゲーム起動! わくわく。


オープニングムービーとかないのに、ちょっとショボン。


そのまま開始すると、なにやら一人のキャラがちらっと出てきて、いかにも「この子からやりなよ!」と言われている雰囲気。なので、素直にその運命に従って、春香さんをプロデュース!
一応、第一希望はやよいだったのですが、初挑戦なので恐らくバッドエンドを迎えるでしょうし、それならセカンドキャラを選ぶべきかな、というのもあった。

初週、レッスンはノーマル。夜のコミュニケーション(?)は良い結果。
その後、2週目以降の朝の挨拶で、全て失敗したのはご愛嬌。ってか、基準が分からんよ、春香さま。

で、まずはFランクへのオーディション。アーケイドで一度だけ触ったことありますが、やっぱ難しいですよね、これ。押すタイミングがよく分からない。
ちなみに曲は「魔法をかけて!」でした。

どうにか2位でオーディションをクリアし、次のDランクへ挑戦。
一通りのレッスンをこなしましたが、どれもノーマルクリアしか出来ません。バッドはありませんでしたが、GOODって無理でしょ、これ。それとも世のプロデューサーさんたちは、軽々GOODとか出しているんでしょうか??

名前を間違えたり、挨拶で空回りしたりと、会話での失敗を順調に繰り返し、残り4週となったところでファンの数が8500人くらい足りない状況に。
こんなん、無理じゃね? と思っていたところ、春香さん自ら「オーディションに出たい!」とか言い出す。
は? オーディション? そんなの、簡単に受けられるハズないじゃ……あったー! リストを下にスクロールしたら、あったー! なによ、これ! 気付かなかったよ!!<説明書読まないから…

どうやら春香さんも、このプロデューサーはダメっぽいと気付いたのか、自ら道を切り開く術を覚えたようです。うむ、良くぞ成長した。私は君のそんな自覚を促すために、敢えてオーディションの存在に気付かないフリをしていたのだよ!!


ハイ、嘘でーす!


で、春香さまは自らオーディションを受け(ゃ、私がちゃんと選んだのだけども)2位に滑り込み、一気に1万人以上のファンを獲得したのでした。すげーぜ、春香さま! プロデューサーさんなんて、不要だね!(涙


と、そんな感じのダメプロデューサーさんを演じています。
次回はついにDランクへの挑戦だ!
頑張れ、春香! 負けるな、春香! お前のパートナーは正直アテにはならないぞ!!



てか、このゲーム。
レッスンといい、オーディションといい、何気にゲームとしての難易度高くないッスか??
posted by 柊雅史 at 01:46| Comment(0) | TrackBack(0) | その他