サイト内コンテンツ:同人活動 読み物 メール

モンハンプレイ日記移動しました。リンク集より飛べます。

2009年07月12日

【レッズ】大丈夫なのか、レッズ?

訪問者置いてけぼりサッカー日記。
本日は久々にレッズ戦を鑑賞(録画)。
ここのところ鑑賞できなかったのですが、ニュースやブログなどを確認し、現状はある程度把握。
勝ち点は積んでますが、点を見ても守備の崩壊が著しい。
なので、今回はその点をメインに据えて鑑賞。


○守備陣(最終ライン)の問題点

とりあえず試合を見た感想は「レッズ大丈夫なのか?」だった。
とにかく守備の崩壊が酷い。実質、4〜5点取られててもおかしくない内容だった。運に恵まれただけ。
とにかく問題はラインコントロールのマズさか。
ラインが整っていない状態で、ポジションを上げようとするから背後へパスが出る。
守備陣の意思疎通が出来ていないので、ラインはガタガタだし、背後に出たパスへの反応が遅れる。
マークの意識が低いのも崩壊の原因。

何が問題かといえば、統率が取れていないのが問題。守備ラインとよく言うが、今のレッズはラインになっていない。個々がバラバラに動くだけなので、ラインを上げるタイミングがおかしい。
これは守備ラインのリーダーが不在なのも一因だと思う。レッズの守備の要はトゥーリオだが、トゥーリオはポジションを誰よりも上下させるので、当然ラインの把握、統制を取ることが出来ない。
トゥーリオでない守備ラインの要を据えることが、現状の打破には有効ではないかと思う。

恐らく今のレッズは攻撃の意識改革を終え、今度はより攻撃をスムーズに回すためのラインコントロール(ラインを高く上げる)に取り組んでいるのだと思う。それが上手く行っていない。
ただこれはどうしても必要な改革なので、今の状況はある意味覚悟していた状況。
問題はそれを改善する手を打てるかどうか。
現状の保有戦力で対応するのか、補強を行うのか。いずれにせよ今のメンバーから1枚外して誰かを入れる必要がある。と思う。


○中盤の守備の問題

今回の試合ではボランチの守備の軽さも背後を取られすぎた一因。
細貝が出れず、阿部だったのが痛かった。今の阿部ではボランチは厳しい。というか、今の阿部の調子では試合に出るレベルではないと思う。攻守両面において、イマイチだ。
特にここのところ細貝がボランチとして非常に良かったので、阿部の軽さが際立ってしまった。
細貝なら今日ほど簡単に背後へのパスを出させなかったと思う。


○攻撃の問題

リーグ前半で見られた動きの多さが見えなくなりつつある。
動く→パスではなく、パス→動くになっている感じ。
西澤がトゥーリオに激しく怒られていたが、あれが今のレッズの問題点だ。とにかく中途半端な位置で動かない。
特にサイドが悪く、位置取りが数メートル低い。そのためボールを受けた後に縦に抜ける選択肢が取れず、中に絞って後ろに戻すか、そのまま戻すしか選択肢がなくなっている。
ただ、その点について左サイドでは後半に改善されていた。高橋・原口は愚直なほどに同じパターンを繰り返し、何度も打破していた。
同じパターンであっても、二人が連動して上下・左右に動けば、何度でも通用する。これが三人、四人と連動すれば更に良い形が作れるはず。
高橋&原口の左サイド、特に原口は良いイメージを後半で作れたはず。点には繋がらなかったが、間違いなく今日の試合でもっとも輝いていたのが、この二人による後半の左サイドだった。
これを次には最初から最後までやって欲しい。


というわけで、実質負け試合(勝ち点は3拾えたけど)となった今回。問題点は以下の3点だと思う。

・守備ラインの統率者の不在
・細貝がいない時のボランチの不在
・攻撃陣の動き出しのなさ

原口&高橋が良い動きを見せたことで、細貝が試合に出れる時はボランチで固定できるかもしれない。
となると、やはり守備ラインの統率がテーマとなる。
今季に結果を求めるのであれば、トゥーリオとコンビを組むCBへの補強を期待したい。
ただ、今季はもう鹿島の優勝で確定なので、来期以降を見据えると若手〜中堅での育成を期待したい。
その辺りの意思を次戦で見れたら嬉しい。



このまま終わるとネガティブすぎるので、良かった点をいくつか。

○高原の復調

現在、守備が崩壊し、攻撃陣の動きが鈍ってきている状況下で、勝ち点を拾えているのはとにかく高原の復調に尽きると思う。
エジは元々の調子を維持しているので、高原が復調することで最前線は問題がなくなった。
とにかく高原はリーグ後半に入って以降、動きの質・量共にキレを取り戻しつつある。
高原の復調の結果、エジとの関係も良くなった。互いに連動するようになり、一方が外に開けばもう一方が中に絞るという動きがスムーズになってきた。
そして何より高原の最大の魅力である(と個人的に思っている)振り返りの速さが戻ってきている。
前半戦では高原不要と思ってましたが、ちょっとキレが戻るとやっぱり他のJのFWとはレベルが違う。しかももっと上があるのは間違いないので(磐田最終年とか思い出すと、今はまだ不調って言ってもいいくらい)ちょっとFW2枚が楽しみだ。
実際、好調な時の高原は1回の振り返りで相手DFを置き去りにする回転の速さ(しかもボールを持っていても持っていなくても、置き去りに出来るくらいの速さ)を誇っていたので。
あれが戻ってくる予感を感じなくもない。
我慢して使い続けていたフィンケには、正直脱帽です。


○原口への期待

なおきゅんに株を奪われっぱなしだった原口ですが、今日の後半にはプチ・ブレイクスルーを果たしていたと思う。
特に広島の右サイドが代わって高橋が勝てる状況になって以降は、高橋との連動も含めてレベルが一気に上がっていた。
高橋とのパス交換からの、縦への突破、中への絞り共に、一気にギアが上がっていた。
前半は正直良くなかったが、後半の調子を維持できるなら……と思わなくもない。


○ポンテの復活

ぶっちゃけ、レベルが違う。
ポンテがいるといないでは、こうもレッズというチームは違っちゃうのか、と驚くほど。
緩急のつけ方、攻守に渡る激しさと冷静さのバランス……ギドに並ぶ、レッズにおける最強助っ人の一人だと思う。


とりあえず細貝が戻ってくれば、ボランチは大丈夫なはず。
前線はエジ&高原に加えて、原口がブレイクスルーすれば。そしてなおきゅんが戻れば、恐らく大丈夫。
やはりタイミングをみて、DFラインの整備を期待したい。
トゥーリオという攻守のオプションがある限り、難しい問題なのだけど。
そして、難しいからといって外せないくらい、強力なオプションなのが問題なんだけども。

(※トゥーリオは攻守の要でなくオプション、と言うのが柊さんの見解です)
posted by 柊雅史 at 01:53| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー