サイト内コンテンツ:同人活動 読み物 メール

モンハンプレイ日記移動しました。リンク集より飛べます。

2008年10月29日

【狩り】なつかしの……

フルフルハンマーを作ろうとしたところ、浮岳龍の体液(だったかな?)が1個足りず。

キークエでクリアして以来のヤマツカミ戦です。

初遭遇のPT戦ではなす術なく吸い込まれて落ちまくり「各自で戦い方を練習」という、後にも先にも初めての宿題となった、ヤマツカミ。
かつては「大剣じゃ何もできない!」「ガンナーにならないとダメなのか!?」という、絶望を感じたヤマツカミ。
それが今では……晩酌しながらの35分で、ほぼノーダメージで討伐。
これほど敵の攻撃パターンとモーションを覚え、対処するのがモンハンの醍醐味である、というのが顕著に現れる敵がいるだろうか。
絶対に無理、と思っていた相手が、パターンとモーションを覚えた今では、吐き出した雷光虫による微細なダメージしか受けないなんて。実際、回復薬Gを1個使っただけだったし。

バサルやディアでPSの凋落を感じ、しかし、今回のヤマツカミで「それでも僕は前に進んでいる!」と感じた。
モンハンはやっぱりいいゲーム。
これほどまでにキャラではなくプレイヤー自身がレベルアップする実感を覚えるゲームは、ちょっと記憶にない。


いやホント、まだモンハンやってない人は、是非とも、是非とも今からでもいいのでやってみて欲しい。
出来ることが増えていくのは、本当に楽しいのだ。
posted by 柊雅史 at 02:15| Comment(0) | TrackBack(0) | MHP2G日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/22032227

この記事へのトラックバック