サイト内コンテンツ:同人活動 読み物 メール

モンハンプレイ日記移動しました。リンク集より飛べます。

2009年06月07日

ウズベク戦感想とか

と言うわけで、ウズベク戦の感想。
前半の早い時間で1点を取ったものの、そこからは守備に追われる展開。特に後半はほとんど日本の時間帯はなかった。
プレーオフ出場権を狙う上で最後の光明を残せるかどうかという、日本以上に「勝たなければいけない」状態だったウズベク相手では、ある種予想された展開だったかもしれない。
日本としては早く決まるに越したことはないものの「残り3試合で1勝」で十分であり、引き分けでも及第点、負けてもなんら厳しい状況には陥らないという状態だった。試合に賭ける意識では、ウズベクの方に分があり、それがそのまま試合展開に反映された気がする。球際での迫力、セカンドボールを狙う時の勢いなど、ウズベクが上だったし、そこに加えて主審の最低レベルの偏向ジャッジが加わった結果、あんな心臓に悪い試合になってしまった。
実力的には明確に差がある相手でも、意識・集中力が違うとこういう試合になりうるんだなぁ、と。そういう意味では最終予選はやっぱり怖い。

で、試合の感想だけど、昨日の勝利はひとえに守備陣の勝利だったと思う。
ゴール近くでは中澤・トゥーリオがしっかり集中していてラストパスを跳ね返し、サイドバックもそれなりに対応できていた。楢崎も非常に良かった。
そんな中、長谷部の働きは非常に効いていたと思う。攻撃的に動いてもやれる長谷部だけど、この一年で特に守備面での成長が著しいと思う。遠藤と共に強力なCBの前で走り回り、アタックを仕掛け、ミドルを打たれる時にはブロックはしないまでも圧力をしっかりかけていた。ウズベクの精度だとこの圧力が重要で、それだけでシュートは枠に飛ばなくなる。ウズベクの精度の悪さに助けられたけれど、その悪さを引き出したと言えるんじゃないか、と。
サイドにウズベクのFW(実力的にストロングポイントだった)が開いた時も、SBと共に守備に入り、自由にさせなかったことが、結果的にCBが跳ね返すことに繋がったと思う。
この辺の働きでは、遠藤より長谷部がしっかり働いていて、CB二人に並んで今日の殊勲賞は長谷部に差し上げたい。
最後の退場はまぁ……あの審判団では仕方ないかと思う。普通は退場にはならないけども。本当に今回の審判団は試合を壊してくれた。

一方で中盤〜前線はちと酷かった。特に中盤。今回の勝利はDFが8割前線が3割で、中盤はマイナス1割って感じ。
ピッチ状態が日本の中盤に合わなかった、というのもあると思うけれど、それにしてもミスが多かった。
キリンカップで機能したケンゴウをトップ下に据えるシステムも、先取点でいい形を見せたものの、以降は完全に失速。W中村の調子がイマイチで、結果俊輔が守備に追われる形になり、ケンゴウと絡めなくなったため、ケンゴウが完全に消えてしまった。
前線付近で目立ったのは岡崎くらい。貴重な得点を上げたこともそうだけど、守備面でも岡崎は悪くなかった。一年前を考えると、岡崎は3番手以下のFWだったのに、ここ数試合のパフォーマンスは本当に凄い。岡崎のブレイクは近年のFW事情を思うと稀に見る光明だと思う。このまま失速せず、どんどん進化して欲しい。
話を戻して中盤。ミスの多いW中村に対して、監督のチョイスしたカードは「ケンゴウ→本田」だった。
キリンカップを見れば本田の選択は妥当。しかしその日の状態を見るに「俊輔→本田」ではないか、とも一瞬思った。実際、キリンカップで試した形は「俊輔→本田」であり、キリンカップのシミュレーションはなんだったのか、という話になり兼ねない。
ただ、今回の試合展開では監督のチョイスも分からなくもない。俊輔はミスも多かったし、不用意にボールを失うシーンも多かったが、そこでウズベクがカウンターを仕掛けようとする時に、最初にアタックを仕掛けてカウンターを遅らせる、精度を下げさせる動きをしたのもまた俊輔だった。
真剣勝負という場での守備意識、厳しい時間での守備への貢献と言う点では、やはり俊輔はしっかりしていたと思う。海外の1部リーグで揉まれているからだろうか、苦しい時間帯で運動量が上がるのは、やはり俊輔だったり長谷部だったりする。この辺の守備意識については、俊輔>ケンゴウだったことを考えると、この交代は納得出来なくもない。
特にここで出てきた本田のパフォーマンスを思うと、結果的により守備に貢献できる俊輔を残したのは、正解だった。

で、その本田。
キリンカップでの活躍を見て、ついに俊輔に代わる選手が出てきたか、と思って注目してましたが……酷かったですね。結果的に監督の交代は失敗してしまった。上記のように出す選手の判断は正解だったと思うが、入れる選手で失敗だったと思う。
とにかく走らない。ボールルーズやパス回しなど、ボールが動いた後も本田に注目していたのだけど、本当に走らない。
パスを横や後ろに出した後に足を止める。パス&ムーブの動きをしない。
パスやドリブルで攻撃を仕掛けて失敗すると、「あーあ」とばかりに動きが止まる。そこで瞬時に守備に切り替えて動き出す俊輔とは雲泥の違いだ。
そして決定的なのが、目の前でDFがボールホルダーにアタックを仕掛けても、トロトロ走って挟みに行かない。ホルダーがDFをかわして本田の目の前に来て、ようやく1テンポどころか2〜3テンポ遅れて動き出す。当然、その動きに実効性は皆無で、何のプレッシャーも与えずに振り切られ、ピンチを招いていた。しかもそのピンチでも、振り切られた時点でジョグに変える、つまりサボるシーンが散見した。
本田の台頭に期待しただけに、本当に落胆する姿勢だったと思う。キリンカップで今の代表における守備での運動量の重要性に気付いたようなことを言ってたけれど、アレは口だけだったのだろう。代表での悪い本田が、特に守備に追われる試合展開の中で際立ってしまった感がある。
これでは俊輔からポジションを奪うなんて夢のまた夢。悪いとしても守備に走り、ちょっとでも貢献する俊輔と、良い時は俊輔以上だとしても、悪い時には貢献どころかマイナスにしかならない本田では、真剣勝負の場では俊輔を使わざるを得ない。
今回の試合で本田への信頼はなくなった、と思う。一か八かのオプションとして、本田を入れる形を今後も試すとは思うが、あくまでオプションであり、レギュラーにはなりえないと思う。少なくとも本田の意識が変わるまでは。
これからの一年、本田はオランダか別の国かはまだ未定なものの、1部リーグで揉まれることになるのは確実。例え海外リーグでも、2部ではJリーグ1部のトップチームの方がまだレベルが高いと思う。
1部リーグで揉まれた俊輔の守備意識が劇的に変わったように、本田の意識も変わる可能性はある。というか、変わって欲しい。
しかしまぁ……とにかく本田にはガッカリ、だった。

さて、そして不可解だった2枚目の交代。矢野を入れた監督の意図はなんだったのだろうか。
試合展開を見るに、もう日本ペースに戻すのは難しく、また、無理に試合を支配する必要はなかっただろう、と思う。同点であれば理解できるが、勝っている状態であったし、崩壊しているのは本田の入った中盤であり、もはや前線は捨てて中盤を厚くする方が良かったのでは、と思わなくもない。あそこで必要だったのは、前線からのチョイスではなく、もう一枚下、中盤でのセカンドボール奪取、もしくはフリーな相手への素早いチェック=中盤人数の増加だったのでは、と思うのだ。
こう考えるのは、ベンチに阿部というCBからMFまでをこなす上に、攻撃時に上がることも出来る器用な選手がいたこともある。
阿部を遠藤の位置に入れて、支配されている地域の守備力を上げるという選択はなかったのか。FWは1枚岡崎がいればよく、遠藤の位置を上げて俊輔と並ばせ、本田は前へ追い出す。言葉は悪いが本田は守備ではいないのと同じだったので、だったら前に位置させてボール奪取後のキープ要員にすれば良かった。
大久保→阿部にして、明確に「残り時間を守る」という意思統一をさせる、という効果もある。大久保→矢野では、意図する試合展開が明確にならなかった。
実際、前線からのプレスに入れるほど日本の中盤に残り体力はなく、矢野は完全に消えてしまった。本田よりはマシだったけれど、展開的に絡みにくい位置に入ったため、流れに乗れなかった。激戦区である中盤に入れたなら、嫌でも流れに乗らざるを得ず、それは確かに難しい局面ではあるけれど、入れるのが阿部であれば大丈夫だったと思う。

結果的に、守備の要だった長谷部が退場となり、俊輔→阿部という采配になった。が、試合展開を考えると阿部の投入はもっと早くてよかったと思う。
退場前に大久保→阿部、俊輔→今野という守備的なカードを切っていても、長谷部の退場には対処できてたと思う。追加点は望めなかっただろうが、あそこまで酷く攻め込まれることはなかったんじゃないかな、と思う。
まぁ、全ては最初に入れた本田が予想外に低調で、中盤の前方が想像以上に活性化しなかったのが、2枚目の交代カードに影響を与えたのではないか、と思う。そこにこだわる必要があったかどうかは疑問だけど、本田投入で活性化しなかった前を活性化させるために、二枚目の交代をすることになったのではないか、と。


そんな感じで、長くなりましたがウズベク戦の感想でした。
良かったのが守備陣。悪かったのが中盤のW中村。及第点がFWで、落胆&終盤の厳しい展開を招いたのが本田。
監督の采配としては、まぁ、セオリー通り。ただ本田の出来が不運すぎた。直前の試合でアレだけ活躍した選手が、あんなパフォーマンスを見せるなんて、監督としては計算違いだっただろう。となれば、その後の交代の歯車が狂ってしまったのも仕方ない。

最後に。
色々と感想を述べましたが、今回の試合でもっとも日本を苦しめた元凶は、本田ではなく審判だったことを付け加えておこうと思います。
とにかく酷かった。カードの出し方もそうだけど、何よりファール基準がおかしかった。偏りすぎていて、基準が全く見えず。
こんな審判がW杯の最終予選で笛を吹いているのだから、そりゃアジアのサッカーレベルは向上しないよなぁ、と思う。
そんな中、ダーティーなプレーには走らず、正面からチャレンジしたウズベクは良いチームでした。案の定、最終予選にも残れなかった某国とは意識が違います。
こういうチームは伸びると思う。サッカーをやるという意識がある国と、そんな意識はない国であれば、そりゃ前者の方が怖い存在ですから。
posted by 柊雅史 at 15:09| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/29652960
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック