サイト内コンテンツ:同人活動 読み物 メール

モンハンプレイ日記移動しました。リンク集より飛べます。

2010年02月17日

好評ですた

前回の話の続き。

取引先の人に手持ちの510を試してもらったところ、かなり好評だった様子。どうも全然味が違うらしい。
そこまで違うとなると、機種云々ではないのでは、と。
で、話を聞いてみるとリキッドの運用方法が原因だった可能性が。
リキッドは1〜2滴しか入れていなかったそうで、そうなるとリキッドが乾いた時の変なイガイガ感か、空焚き状態で綿が焦げる妙な甘さが発生していたのではないかな、と。
確かに購入時に、特にリキッドの注入方法は説明されていない可能性もあるので、注意が必要ですよね。
基本、401や510では次のようにしてリキッドをたっぷりしみこませるようにしましょう。

・401
カートリッジの吸い口の空気穴から、クリップを伸ばしたもの(針金)などで中の小さなケースを押して取り出す。
小さなケースの中にある綿を、針金の先で引っ掛けて7割くらい引っ張り出す。
もし余裕があるなら、2個分の綿を引っ張り出して手でまとめ、1個のケースに押し込むと尚良し、です。
で、中腹辺りに2〜3滴リキッドを垂らして、7割くらいをケースに押し込む。
そこで出ている部分にまた2〜3滴垂らして、全部をグイっと押し込む。
ケース内に余裕があれば、最後に上からリキッドを落とす。
で、再び針金でケースをカートリッジの奥に押し込む。
最後に、最初の一回目だけはアトマイザーの先に1〜2滴のリキッドを落として合体。
ちょっとなじむのを待って、吸う。

・510
カートリッジを外すと、そのまま綿にリキッドを垂らせます。
初回はゆっくり垂らさないと、染みるのに時間がかかるので注意。ゆっくり垂らせば10滴前後は落とせます。
初回はアトマイザー側に3〜4滴垂らしてから合体。
じゅくじゅくするのがイヤな場合、カートリッジとアトマイザだけを咥えて、アトマ側にティッシュを当ててふー、と息を吐き、余分なリキッドを吹き飛ばし&拭う。
吸う。

510の方は綿を引っ張り出さなくても、2〜3回のチャージであれば上から落とすだけでOKですが、401の場合カートリッジが細いので、上から落とすと浸透しにくい&横に垂れて来てしまう可能性が高いです。しかも中のケースも押し出さないと、リキッドのチャージはほぼ不可能。
また、510でも徐々に浸透が遅くなるので、リキッドを垂らす→綿を引っ掛けて半分くらいまで出して浸透させる→綿を戻して垂らす→半分くらいまでだして(ry→綿を戻す、と繰り返す必要が出てきます。まぁ、そうなったら次のカートリッジに交換してしまうのが良いと思いますが。そこまで来ると最後まで吸えないことも多いので。

一応、これから始める人への軽いレクチャーということで。


しかしこれ、内容的に身元バレしそうですね。検索とかされると。
一応数日のタイムラグを置いて書いていますし、内容的にも電子たばことしては、ありがちな話題ではありますが。
仮に身元に気付いても、華麗にスルー&忘却して二度と来ないことをお願いします(^^)
posted by 柊雅史 at 03:09| Comment(0) | TrackBack(1) | 電子たばこ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/35356087

この記事へのトラックバック

電子タバコ 
Excerpt: 電子タバコについて・価格の相場・タバコに近い感覚は得 られるか・維持費はいくらかかる
Weblog: 電子タバコ売上ランキング
Tracked: 2010-05-09 09:19