サイト内コンテンツ:同人活動 読み物 メール

モンハンプレイ日記移動しました。リンク集より飛べます。

2009年11月29日

超久々に更新w

MH3はすっかり引退してしまったし(まだ課金残ってるけどもう繋がないと思う)こっちの更新を復活。
再び、適当にダラダラ垂れ流そうと思います。
MH3ブログは・・・MHP3が出るまで放置かなぁ。


電子タバコ注文してみた。
タバコが値上がりする可能性も高いので、電子タバコへの移行を試すため、個人輸入代行を利用して電子タバコのセットを注文。
とりあえずお試しで。使えるようならそっちに移行します。室内で吸っても部屋が汚れない、飲み会など嫌煙家と同席する時も遠慮なく吸える、などなど。移行できるなら非常にありがたい。
面倒なのはニコチン入りのリキッドは国内では販売しておらず、個人輸入になることか。今回は価格が倍くらいするものの、お手軽なので代行をお願いした。良かったらいずれ、自分で個人輸入しようと思います。そうなったら英語得意な人は教えて下さい。


で、問題はタバコ利権の絡みや、嫌煙家を味方にすることしか考えないお偉いさんの我が侭で、ニコチン入り電子タバコへの規制が強くなるんじゃないかな、という懸念。
タバコ税上げても電子タバコの個人輸入に逃げられたら、税収減になっちゃうだろうからね。
税収を確保しつつ、嫌煙家の支持を受けるには、電子タバコの普及はお偉いさんには困った事態だろう。副流煙はなし(水蒸気しか出ない)、灰や吸殻も出ない、周囲への臭いも出ないと、本タバコへの批判が全部解決しちゃうから。解決しちゃうと叩くことも出来ない。本タバコという必要悪をなくす方向には、まず進まないだろうなぁ。

実際、嫌煙家も喫煙家もWin/Winな関係にある電子タバコの規制解除と普及について、全く話が盛り上がらないのが不思議でしょうがない。あるのはノーニコチンの電子タバコによるアンチキャンペーンのみ。
今の電子タバコキャンペーンは、普及と見せかけたアンチ活動だというのが個人的な感想だ。
ニコチン入りでないと本タバコからの移行は100%失敗すると思う。結果「電子タバコはダメじゃん」と思われてしまう。
しかも国産電子タバコはアホみたいに高い。これもキャンペーンに見せかけたアンチ活動の一種だ。高くてしかも意味ないもの、という印象が、今の電子タバコキャンペーンのゴール地点なのだろうと邪推してしまう。

嫌煙家VS喫煙家の対立構造は、簡単に解決できるのに、解決しようとするお偉いさんはいない。
まぁ、対立してた方が誘導しやすいもんね。
ヒステリックな嫌煙活動と、それに対するヒステリックな喫煙家の行動を思うと、今の対立構造が一部の人には非常に居心地がいいのだろう。

いつか、個人輸入での電子タバコカートリッジ・リキッド輸入規制が出るんじゃないかと、今の状況を見ると思うのです。
そうなったら・・・今度こそ、禁煙になるのだろうか。
はぁ・・・。


PS
届くのは1〜2週間後かと思われ。
その際には使用感など簡単に触れてみようと思います。
品質の当たり外れが激しいようなので、当たりが届くことを祈ります。
posted by 柊雅史 at 13:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 電子たばこ

2009年12月06日

電子タバコ届いたよー

20091206

注文していた電子タバコが届きました。
機種はいわゆるマニュアルスイッチ式の510。
充電してアトマイザーを取り付け、付属のニコチンLowのカートリッジをぐりっと挿入。

そこで一吸い・・・無反応。

おおぅ、510はマニュアルスイッチオンリーでオートスイッチは付いていないのか。
スイッチを押して再度吸引・・・ちと想像より甘い味が口の中に広がって・・・ぷはぁ〜。
結構立派な(?)煙が出ました。これは中々面白い。


で、感想ですが。
まず味がちょっと甘い。これはマルボロフレーバーだからだろうか。マルボロってちょっと甘いんでしたっけ? それとも電子タバコ特有の甘さ?
そして吸い心地ですが・・・軽い。非常に軽い。タバコの重さが感じないので、ちょっと物足りない。
ただこれは試したのがLowタイプだったから(タバコ換算で1mgらしい)かもしれない。
とりあえず今のカートリッジがなくなるまでは、できる限り電子タバコで。物足りなくて我慢できなくなったら本タバコに火をつけようと思います。

で、今後の流れとしては、まずは自分でリキッド(Highタイプ)の充填をして試してみたい。これが良い塩梅で充填できるようなら非常にありがたい。お財布的に。
それとマニュアルスイッチだと咥えタバコが出来ないので、オートタイプの電子タバコが欲しい。
ただ海外輸入は月に一度しかできないので、国内販売(=ノンニコチン)を利用して本体だけ購入する予定。で、リキッド充填で利用してみようかと。
ひとまず今度は基本的なM401。少々バッテリー&カートリッジの貧弱さが気になる機種ですが。
後はリキッドのやりくりですかね。Highが大体6mg相当なので、ノンニコチンリキッドとブレンドして倍に希釈する、みたいなのも試してみたい。月に30ml-60mlしか輸入できないので、果たして一月もつのかどうか不安なので、ブレンドが可能なら非常にありがたい。
初期投資が大変だし、ハズレアイテム(すぐ壊れる)を掴むと高くつきますが、本タバコが半分くらいになってくれれば御の字かなぁ。


しかしホント、妙に甘いぞ電子タバコ・・・。
posted by 柊雅史 at 13:27| Comment(0) | TrackBack(2) | 電子たばこ

2009年12月13日

続・電子タバコ

会社や飲み会などで電子タバコをアピール中。
ガジェット好きなスモーカーには一度試してみることをオススメします。逆に毎日のちょっとしたメンテナンスが面倒な人には厳しいかもしれない。

・M401到着
オートスイッチ式のM401が到着。
まずはカートリッジの改良。と言っても、中の綿を2個取り出して一つにまとめてつめ直すだけ。
M401ではこの綿倍増がほぼ必須とのこと。
早速カートリッジから綿を取り出します・・・が。

なんか、ちゃちいカートリッジだなぁ・・・。

510に比べると綿の量も少ないしカートリッジも貧弱。これは確かに煙量やリキッド量に不安が・・・。
ひとまず綿を倍増してリキッドを注入。充電後、試してみますと・・・。

うーん、微妙?

510に比べると煙量は少なめ。気流センサーなので強めに吸う必要があります。まぁ、ポケットに入れていても勝手にスイッチが入らないので、移動中には安心ですが。
とりあえず会社内や自宅では510を使用して、移動中は401をポケットに入れておく感じでしょうか。


・リキッド調合
といっても、巷で言われるような調合ではなく、市販のリキッドをブレンドしてみるだけですが。
今回使用するのは「ニコチンHigh/18mg」と、M401購入時にオマケで付いてきた「Wメンソール/ノンニコチン」の2種類。
ポイントはWメンソールの方で、元々がノンニコチンタイプの「煙を楽しむためのリキッド」として調合されているものだということ。これを利用することで、ニコチンHighのみよりも煙量がアップして吸い心地が良くなる・・・はず。
んで、ブレンドすると当然味が薄くなるので、メンソールではなくWメンソール。これを1:1の割合で混ぜる感じ。ニコチン量もタバコ換算で3mg程度になるかと。

ひとまず今吸ってるのが空になったら試してみようと思います。
これで上手く行ったら、これをベースに使っていこうかと。
そうすれば30mgのニコチンリキッドが、60mgに倍増してありがたいですしね。
posted by 柊雅史 at 21:23| Comment(1) | TrackBack(1) | 電子たばこ

2009年12月22日

メンテナンスは大切です

知人が電子たばこに手を出したようでちょっと嬉しい。
禁煙するぞ、とか勢い込んで手を出すのはどうかと思いますが、ちょっとした玩具の要素を感じつつ手を出すのは非常にオススメ。

×レッツ★禁煙/節煙生活
○レッツ★電子タバコ生活

あくまで電子タバコというアイテムを楽しむ気持ちが大事だと思います。
でもまぁ、私は本タバコの消費量が一日50本→25本くらいになりました。
会社での喫煙量がもっと減れば、1箱以下になりそう。
1日1箱減ると考えると、月に30箱=9000円の節約。
PCC510+ニコチンリキッド60mlが楽勝で買えちゃう値段ですね。これは当たりだった・・・個人的に。
私ほどのヘビースモーカーじゃない人には、節約になるかどうかは微妙ですが。


閑話休題、先週末にアトマの洗浄にチャレンジしました。
と言うのも、先週半ば頃からどうも味が少しおかしく感じまして。
ニコチン液の甘さとも、メンソールの味とも違う違和感。口の中にちょっと不快感が残る感じ。
で、カートリッジの中を見ても特に変わりはなく、リキッドも見た目は特に変わらない。となれば、アトマイザーが怪しい。
予備のアトマイザーを取り出して装着したところ、変な味は消えたので、アトマに問題があると確定。やはりメンテ箇所を特定するためにも、電池・アトマ・カートリッジは2セット揃えておくのが無難っぽい。
で、購入から使い続けていたアトマを洗浄することに。考えてみれば週1でのメンテが推奨のアトマを、2週間くらい使い続けていたので、この結果も仕方ないところか。
ひとまず薬局で無水エタノールのボトルを購入。たまたま自宅にあった小さなボトルにエタノールを入れ、アトマを浸して1時間。
翌日まで乾燥(この時間を考えてもアトマ2個は必須)。
先程試したところ、いい感じに味が元に戻りました。
うーん、メンテナンスは大事ですね、やっぱり。

・日々のリキッド注入&充電
・週1のアトマ洗浄

この辺の手間を許容できるかどうか、も電子タバコに手を出すか否かを考える指針かもしれません。ちなみに私は結構楽しくやってます。充電もPCC買えば意識しないで大丈夫でしょうし。


次に手を出したいのはこの辺。

○メイン機に決めた510のPCCを手に入れる
○ハズレだった充電池1個の買い替え
○リキッド調合の試行錯誤
◎綿の変更

510はカートの綿の耐久性も性能も良いので、時々ブランクカートリッジを追加購入すればいいかな、と思っていますが、M401のチャチさをなんとかしたい。
咥えタバコ風味に味わうには、気流センサータイプじゃないとダメですからね。PSPとかやりながらだと、M401の方がやっぱり良い。
不満は煙量と持続性なので、自作の綿でなんとか乗り越えたいところ。脱脂綿+キルト辺りを試したいかな、と思ってます。


ちなみにニコチンリキッドですが、現在2/3ヶ月経過で30mlボトルの半分くらいまで消費。一月で30mlで十分事足りそう(Wメンソールとの1:1調合の場合)
政府(てかJT?)が変にニコチンリキッドへの規制を始めない内に、毎月60mlずつ購入して、ストックを貯めておこうと思います。

あと、報告してなかったけど、ニコチン+Wメンソのブレンドはかなり良い感じです。本タバコほどのインパクトはないですが、味は美味い。かなり美味い。メンソールの本タバコを愛用している人は、結構気に入るんじゃないかな、と思います。
こうなるとフルーツタイプのリキッドとか、気になるなぁ。
ちなみに私もニコリキ以外は煙屋使ってます。で、煙屋がニコリキも扱うようになったので・・・うーん、煙屋一本でもう良いかなぁ、と思わなくもない。
posted by 柊雅史 at 01:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 電子たばこ

2009年12月25日

510PCC到着〜♪

というわけで、510PCCが到着しました。
ケースを開けると、充電池1本、カートリッジ2本、アトマ+カートリッジ1本が入っています。
むむ、これは凄い。凄い便利。
PCCの性能を考えると、電力寿命>カートリッジだと思うので、カートリッジ3つ分、本タバコで3〜40本程度の容量でしょうか。
これさえ持ち歩けば概ねOK。便利すぎです。


とりあえず充電を開始し、すぐに満タンになったので、付属の電池+アトマで試運転。いい感じに煙が発生しました。とりあえず初動は当たりっぽい。
同時に購入しておいた電池も充電して試運転。こちらもOK。
510に関しては今のところ勝敗はこんな感じ。

充電池 3勝1敗
アトマ 3勝0敗

後は耐久性ですかね。
持ち歩き用に1本、自宅に1本、メンテ中の繋ぎに1本という感じで使っていこうと思います。これでしばらくは(どれかが壊れるまでは)ハード面での購入は終了でしょうか。

とりあえず1月に入ったらニコチンリキッドとメンソールリキッドを購入しようと思います。
最近、徐々に本タバコから電子タバコに移りつつあり、リキッドの消費が当初よりちょっと早い。1月で30mlくらい消費しそうな気がします。完全移行したら50mlくらいは使いそうか。結構輸入量ギリギリっぽい。ブレンドしてこれなので、私の場合はブレンドが必須かもしれません。


どうやら本タバコは1箱100円くらい上がりそうですし、本腰入れて移行したいですね。
なんだかんだで、中々本タバコを手放せない・・・うーん。
posted by 柊雅史 at 00:06| Comment(0) | TrackBack(1) | 電子たばこ

2010年01月04日

【電タバ】カテゴリ追加しました

徐々に「電子タバコ」や「510」「M401」などの検索で飛んでくる人も出てきたようなので、カテゴリ整理のついでに「電子たばこ」をカテゴリに追加しました。
普段の話題や同人とは、明らかにジャンルが違うものね、電子たばこって。

さて、510にて落ち着いた電子たばこですが、これで「壊れるまでOK」とならないのが困ったもの。
その後も色々と探った結果、気になるのはやはり「DSE601」でしょうか。
いわゆるパイプ型電子たばこというやつで、大容量バッテリー&大容量カートリッジが売りの一品。確かに物を見ると、バッテリーが凄い頼もしいw

評価を見ると「1バッテリー+1カートリッジで丸一日余裕で持つ」「煙量、安定性共に優秀」「ただしアトマがハズレると痛い(本体?と合体しているため)」「アトマ洗浄が困難?」といった感じ。アトマ周りで不満点が多いものの、概ね「これがあれば他はいらぬ!」といった好評価。
いやぁ・・・気になりますな。
味も「もっとも本たばこに近い」という意見もあり、ヘビースモーカーが乗り換えするならDSE601が無難、らしい。見た目がパイプなのでアレ+気流センサータイプですが、その点を気にしなければ。

ひとまずニコチン輸入の関係で、1月の購入は難しいところなのですが(既にニコリキを60ml注文済み)。
1月購入分のニコリキが多少余る予定なので、2月はDSE601のスターターとカートリッジを買おうかな、と思います。510のバッテリーが微妙にヘタってきたので、それと合わせて。


ちなみに購入予定はここ。
http://hapina.jp/dse/dse-index.html

送料が別料金なので、細かな買い物(総額3000円くらいの買い物とか)だと、煙屋なんかの方が良いのかもしれませんが、510のバッテリーなら1本300円くらい安い。送料として2000円前後を想定して考えてみて、どっちが得かを考慮するといいかもしれない。ちなみに601スターターキットで4500円の差があります。送料はせいぜい2500円くらい?

他、601ならブルシグがU字アトマと明記しているので、上記サイトがV字だったらアトマだけブルシグ使うとかいうのもありかもしれません。
本当は自分で個人輸入できれば良いんだけどねぇ。英語サイトはちと怖い。英語苦手だし。
誰かがチャレンジしてくれるとありがたいなぁ。
ここ(天国)とかで。
http://www.heaven-gifts.com/index.php?gOo=shop.dwt

まぁ、天国軽く見たけど、510バッテリーなんかは10$なので920円くらい? さほど差はないみたいです。この程度なら代行にしちゃいたい気分、かも。


とりあえず601へ手を出すのは2月で。今月は手元の510を活用しつつ、本たばこの本数を減らす努力をしようかと思います。
posted by 柊雅史 at 00:10| Comment(1) | TrackBack(1) | 電子たばこ

2010年01月05日

移行日記

時々メモ代わりに書こうと思う、電子たばこへの移行日記。
本日の本たばこ消費本数:18本

以前は1日で40〜45本程度だったので、約半分といったところ。
職場で喫煙所に行った時に、周囲が皆たばこ吸っているので、つい本たばこに手を出してしまうのが、中々減らない理由かもしれない。
大抵、1本吸い+電たばを軽く吸う、って感じなので。
周囲に釣られることなく、電子たばこだけで我慢できれば良いのだけど。

でもまぁ、私くらいのヘビースモーカーが、1箱消費しないというのは、中々の好成績だと思うのですよ。
もうちっと吸い口がガツンと来るなら、更に減らせるかなぁ。
そういう意味でも601に手を出したいところ。


尚、現在最初に買ったニコリキがほぼなくなりそうな感じです。
幸い、2〜3日中に注文しておいたニコリキが届くはずなので、リキ切れ→本たばこへの出戻り、という事態は避けられそう。
大体、一月で50ml程度を見越しておくといい感じだろうか。リキッド消費量。
posted by 柊雅史 at 01:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 電子たばこ

2010年01月06日

リキッド到着

本日の本たばこ消費本数:12本
但し、帰宅後ダウン(転寝)したため、その分本数が減っただけ。

ニコリキが無事届きました。今回はノーフレーバーのHigh24mgを60ml注文。
これまではマルボロ味+Wメンソールでブレンドしてましたが、次からはノーフレーバー+Wメンソールになります。
若干濃度が上がってる(18→24)ので、Wメンソを多目にする感じでしょうか。1:2くらいの割合で。


さて、ここらで一月使ってみたところでの、各パーツの耐久性などのまとめ。及び、それを元にした保守購入計画でも。
ちなみに以下の基準は「一日に本たばこ40本だった人が、20本程度に減らしつつ使用した場合」です。結構なヘビースモーカーが無理しない程度に運用したケース、ってところですかね。

アトマは味がおかしくなったら無水エタノールに浸して簡単な洗浄をしていますが、再び味がおかしくなるまでの期間が、徐々に短くなっている感じ。
2週間→1週間→3〜4日って感じでしょうか。
手間のことを考えると、毎月2〜3個ずつ購入して、洗浄は1回程度で破棄してしまうのが良いかもしれない。
カートリッジも新品に変えるとかなり煙量が改善されるので、それなりの頻度で変えてしまった方が良さそう。
電池も徐々に稼動時間が短くなっている感じなので、定期的に入れ替えするのがよさげ。

大体、以上のことから月間のメンテ費用は多くてこんな感じかと。
・ニコリキ 50ml(50×1) 1380*1=1380円 
・アトマ  3個         780*3=2340円
・カトリジ 15個        450*3=1350円
・バッテラ 1個         1000*1=1000円
・リキッド 75ml(15×5) 1280*5=6400円
--------------------------------------------------
合計 12,470円

ブレンド用のノンニコリキッドが高すぎるという結果に。
ノンニコリキッドがなければ、月額6000円程度で済みます。本たばこが減った分が約1万円ですので、ノンニコリキッドを使わない運用でなんとかしないと、お財布的にマイナスになりそう。本たばこが0本になれば、ノンニコありでも全然OKなんですが。
ひとまず手元にあるリキッドはブレンドして使うとして。
それ以降はブレンドせず、Low〜Midのメンソール味で一ヶ月使えるかどうか、を試そうと思います。

てことで、今月中に「510アトマ×3」を追加発注かな。
カートとバッテラは今月いっぱいは大丈夫でしょう。
で、2月に601スターターとニコリキ50ml、510のパーツを購入して、601+510の併用で過ごし、3月以降の購入計画を立てる、って感じで。
安定運用に入って、お財布的にも優しい電タバライフに突入するのは、4月以降ってことになりそうですね(^^)
まぁ色々と迷走しつつ、経過を書いていきますので、これから開始する人はその辺を見ながら、無駄な出費を抑えれば良いと思います。
posted by 柊雅史 at 03:31| Comment(0) | TrackBack(1) | 電子たばこ

2010年01月07日

まだ水曜日・・・

気分はもう週末なんですが、まだ水曜日と言うこの絶望感。
年初からフルで1週間の出勤はキツイ。

本日の本たばこ消費本数:15本

中々届かない10本の壁。
職場の喫煙所でも電子たばこで行く、という強い決意がないと10本は切れそうにないなぁ。
でもまぁ、開始一月でコンスタントに1箱空かなくなったのは予想よりかは良い感じ。
今週末、職場の新年会があるので、そこで飲みながらも火をつけないでいられるかどうかが勝負か。

煙屋の空いたボトルにブレンドしたリキッドを詰めなおし、職場に常備するようになったので、頑張って本たばこを脱却したい。
リキッド補充から5〜6回の吸引は強さ的に満足度が高いので、こまめな補充を心がければ・・・。
posted by 柊雅史 at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 電子たばこ

2010年01月23日

初期投資終了、か?

電子たばこを導入して一月半。
スターターキットから開始し、401で無駄金を失い(涙)、510PCCで愛機を決定。バッテリーやアトマイザーの予備も揃え、リキッドも購入し。
これで初期投資は終わりかしら、と思っていたら、もう一個忘れていたのがありました。
ええ、そうです。ブランクカートリッジです。

一応スターターキットやPCCに付属していたのを合わせて10個のカートリッジがあり、その内の5個をリキッド充填しつつ使っていたのですが。
やはり新しいカートリッジに変えると、最初の2〜3回が格段に性能が良いです。カートリッジはいくらでももつイメージですが、定期的に変えた方が良いようです。

というわけで、最後の初期投資としてブランクカートリッジを50個ばかり注文。これで今度こそ初期投資は終了。
・・・まぁ、一緒に気になった「510用オートバッテリー」なんかも買っちゃってますが。

401も含めて、初期投資だけで3万くらいでしょうか。ただ、最初からPCCを買い、バッテリーやアトマを適量に抑えるなら(バッテリーなんて私、全部で5本になる)そこまではいかないでしょう。
後はへたった部品とリキッドを毎月購入するのみ。多分半年も頑張れば初期投資分くらいは取り返せるはず。
尚、別機種を試そうかしら、と言っていましたが、さすがに初期投資で+1万とかはキツイなぁ、と思うので、しばらくは保留。510一本に絞ろうと思います。予備部品など考えると、やっぱり機種は一つにした方が圧倒的にコストパフォーマンスが良いので。

posted by 柊雅史 at 03:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 電子たばこ

2010年01月30日

おおぅ、やばい!

大体月末にリキッドを含む注文をして、月初に届く感じで電子たばこ関係の注文をしているわけですが。
どうやら2月は9日〜20日過ぎまで、510の製造工場が休止になるらしい。

中国仕事休みすぎだろ・・・。

とりあえず慌ててリキッドなど注文したものの、9日までに国内に入らないと厳しい。
注文も殺到しているだろうし、かなり微妙。手持ちのリキッドだけで2月を乗り切らなくてはダメかもしれん。
最近、半分くらい吸ったらリキッドをチャージ、で運用しているので、消費量が半端ない。
果たして間に合うのか・・・。

今回は最初からメンソールの中濃度リキッドを2本(60ml)注文しました。
一月2本で足りると良いな。
他にはアトマイザーが1個逝ってしまわれたので、残りの寿命もそろそろだろうし、アトマを3個注文。
バッテリーはオートが2個届くものの、マニュアル3本がいずれも2ヶ月稼動しているので、そろそろ危ない、かもしれない。
なので一応1個だけ注文。しめて送料込みで約6.5kの注文になりました。本たばこ換算だと22箱くらいか。
毎月この程度の注文で済めば、3〜4000円の節約になるんですがね。
posted by 柊雅史 at 11:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 電子たばこ

2010年02月01日

い、いかん・・・!!

手持ちのアトマが1個逝った後、更にもう一個の挙動が怪しい。
アトマの注文はリキッドと一緒に行ったため、届くのはリキッドと一緒。それまでもつだろうか・・・。
バッテリーは劣化が怖いのでアレですが、カートリッジやアトマは密閉して使わなければ劣化はないだろうし、いっそ大量に確保しておくべきだろうか。劣化したアトマだと、リキッドの消費もよろしくない感じがするし。

とりあえずカートリッジとオートバッテリーが2〜3日後に届く予定。普段より1.5倍くらい時間がかかっています。アトマとリキッドが届くのはいつ頃になるのだろう?
国内在庫から出荷してくれるところに、アトマをごそっと注文しようかなぁ・・・。
posted by 柊雅史 at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 電子たばこ

2010年02月14日

これが噂のイガイガ?

電子たばこを吸っていると、唐突にめちゃくちゃ辛い味に切り替わる。
これが噂のイガイガってやつだろうか。
こうなった場合、とりあえずリキッドをアトマ側に2〜3滴入れてカートリッジをもリキッドをチャージすると直るのだけど、一度イガイガになるとまたすぐにイガイガになるのが悩みどころ。
そうなるとアトマイザーの洗浄となるわけだけど、最初に買ったアトマイザーでは、洗浄してもイガイガまでの時間が短くなった・・・気がする。
これはアトマイザーの寿命なのだろうか。電子たばこ導入が12月頭なので、約2ヶ月。2ヶ月でアトマイザー3つ体制で寿命となると、アトマイザーで2000円/月が目安だろうか。
で、バッテリーが月に1本くらい逝ってしまう感じ。
カートリッジはなんだかんだで週に4つくらい消えてしまう感じなので、月の費用はこんな感じかな、と。

・バッテリー1本   1000円
・アトマイザー2本  2000円
・カートリッジ20個 1000円
・リキッド60ml  2000円
---------------------------------
   合  計    6000円

本たばこが1箱/日くらい減っているので、3000円くらいの節約になりそうですね。バッテリー2個を入れ替えてもお釣りがくる感じ。
日に2箱以上吸う人には、僅かではありますが節約にもなりそう。



○カートリッジのこと

カートリッジを一気に交換して思ったのだけど、やっぱりカートリッジをひょいひょい捨てるのはもったいないなぁ、と思わなくもない。
値段的には1個50円程度なので金銭的な意味ではなく、物質的な意味でもったいない。
購入したカートリッジは、さすがのチャイナクォリティで、中の綿にバラツキが激しいってのもあるので、綿を自分で準備するってのも考えてみようかな、と思わなくもない。結構すぐに(2〜3回で?)リキッドの浸透具合が鈍る感じもしますし。
100円ショップにあるキルト芯が使えるそうなので、今度探してみようかな、と。
近所の100円ショップには、確かにキルト芯はあったのだけど、片面を加工しているタイプしか置いてなかったんですよね←ダイソーにて
posted by 柊雅史 at 05:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 電子たばこ

2010年02月16日

中々普及しないねー・・・

一応フロアでの電子たばこOKは部長・課長からもらっていますが、仕事が忙しくて席を離れられない時以外は、一応喫煙所で電子たばこを吸っています。
で、何人かが「それ何?」と聞いてくるものの、中々電子たばこの認知度は上がらない感じ。未だにうちの会社(の本社)では私一人のような気がします。

で、そんな中、取引先の人が電子たばこに興味を持ち、試しに買ってみたとのこと。
やはり「タールと一酸化炭素がないのは良いんだけど・・・」と利点を認めつつも。
「でもなんか変に甘くてダメなんですよねー」とのこと。
うーん、やはり本たばこに比べるとちょっと甘い感じがするのは否めないところ。
これが許容できるかどうか(と、それで満足できるか)が、電子たばこに移行できるかどうかの分かれ道のような気がします。

とりあえずその方からはリキッドや機種のことを相談されたものの、私も電子たばこ歴3ヶ月未満。試した機種は2個だけという状態なので、中々相談に乗れず。
でも話を聞いた限り、機種は401っぽいな、という結論に。
確かに401は510に比べると甘みが強い。かつ、リキッドのチャージ方法が面倒&頻度も多いというわけで、初心者向けと言われている割には、初心者に優しくない機種な気がします。
最初に試してみるなら、やはりチャージがしやすく、401よりは甘みが控えめの510辺りのが良いと、個人的には思う。
他には使ったことはないけれど、話を聞く限りだと901辺りでしょうか。

とりあえず取引先の人は甘さがもう少し抑え目ならば、電子たばこに移行したいとのことですので、近々510を試してもらおうと思います。

やはり1〜2万は最初にかかってしまうので、身近に使用者がいるようなら、1カートリッジ分(たばこにして3〜4本くらい?)試させてもらうのが吉だと思います。
とりあえず私の身近で興味のある人は一声かけて下さい。1カートリッジ分お貸ししますので、お試しの上で判断をどうぞ。

そういう意味ではドンキなんかで売っている安物で試してみて、というのも正しい手順かもしれません。
posted by 柊雅史 at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 電子たばこ

2010年02月17日

好評ですた

前回の話の続き。

取引先の人に手持ちの510を試してもらったところ、かなり好評だった様子。どうも全然味が違うらしい。
そこまで違うとなると、機種云々ではないのでは、と。
で、話を聞いてみるとリキッドの運用方法が原因だった可能性が。
リキッドは1〜2滴しか入れていなかったそうで、そうなるとリキッドが乾いた時の変なイガイガ感か、空焚き状態で綿が焦げる妙な甘さが発生していたのではないかな、と。
確かに購入時に、特にリキッドの注入方法は説明されていない可能性もあるので、注意が必要ですよね。
基本、401や510では次のようにしてリキッドをたっぷりしみこませるようにしましょう。

・401
カートリッジの吸い口の空気穴から、クリップを伸ばしたもの(針金)などで中の小さなケースを押して取り出す。
小さなケースの中にある綿を、針金の先で引っ掛けて7割くらい引っ張り出す。
もし余裕があるなら、2個分の綿を引っ張り出して手でまとめ、1個のケースに押し込むと尚良し、です。
で、中腹辺りに2〜3滴リキッドを垂らして、7割くらいをケースに押し込む。
そこで出ている部分にまた2〜3滴垂らして、全部をグイっと押し込む。
ケース内に余裕があれば、最後に上からリキッドを落とす。
で、再び針金でケースをカートリッジの奥に押し込む。
最後に、最初の一回目だけはアトマイザーの先に1〜2滴のリキッドを落として合体。
ちょっとなじむのを待って、吸う。

・510
カートリッジを外すと、そのまま綿にリキッドを垂らせます。
初回はゆっくり垂らさないと、染みるのに時間がかかるので注意。ゆっくり垂らせば10滴前後は落とせます。
初回はアトマイザー側に3〜4滴垂らしてから合体。
じゅくじゅくするのがイヤな場合、カートリッジとアトマイザだけを咥えて、アトマ側にティッシュを当ててふー、と息を吐き、余分なリキッドを吹き飛ばし&拭う。
吸う。

510の方は綿を引っ張り出さなくても、2〜3回のチャージであれば上から落とすだけでOKですが、401の場合カートリッジが細いので、上から落とすと浸透しにくい&横に垂れて来てしまう可能性が高いです。しかも中のケースも押し出さないと、リキッドのチャージはほぼ不可能。
また、510でも徐々に浸透が遅くなるので、リキッドを垂らす→綿を引っ掛けて半分くらいまで出して浸透させる→綿を戻して垂らす→半分くらいまでだして(ry→綿を戻す、と繰り返す必要が出てきます。まぁ、そうなったら次のカートリッジに交換してしまうのが良いと思いますが。そこまで来ると最後まで吸えないことも多いので。

一応、これから始める人への軽いレクチャーということで。


しかしこれ、内容的に身元バレしそうですね。検索とかされると。
一応数日のタイムラグを置いて書いていますし、内容的にも電子たばことしては、ありがちな話題ではありますが。
仮に身元に気付いても、華麗にスルー&忘却して二度と来ないことをお願いします(^^)
posted by 柊雅史 at 03:09| Comment(0) | TrackBack(1) | 電子たばこ

2010年02月18日

オートバッテリーのこと

そういえばオートバッテリーの使用感を書くの忘れてました。
知人には口頭で伝えていたので、それで報告終了の気分でしたヨ。

で、510オートバッテリーですが・・・まぁ、マニュアルの方が良いですね。

×衝撃に弱い
ちょっとした振動でも、ランプが点くケースがあります。
固めのカートリッジを外した震動で通電して空焚き状態、なんてこともある。
ちょっと持ち歩くには勇気のいる繊細さです。

×初動が遅い
空気を吸わなきゃ通電しない&通電して0.5秒くらいはミストが発生しません。
僅か1秒未満のラグですが、これが侮れない。
最初の一吸いだけで、続けて2回目の吸引時はスムーズなのですが。

○フラットカートリッジなら咥えたばこOK
ラウンドだと太すぎる感がありますが、フラットなら咥えたばこもOKです。
私はPSPしながら咥えたばこするので、そこでは重宝しています。
唇だけでなく歯で軽く噛むと安定。

×咥えたばこするには繊細すぎる
ただし、前述の通りかなり繊細なセンサーなので、咥えているとちょっとした呼吸でも反応し、また反応が微妙なので微妙なミストが発生してしまいます。ぶっちゃけ、吸ってない時の味がよろしくない。
咥えたばこ可能ですが、可能なだけでイマイチ、という・・・。


と言うわけで、耐久性の面でもマニュアルバッテリーに勝る部分はほとんどないです。
どうしても咥えたばこがしたい(モンハン中の私とか)場合以外は、素直にマニュアルをオススメします。

posted by 柊雅史 at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 電子たばこ

2010年02月21日

自分用メモ

次回の電子たばこ関連の買い物としては、以下の物を揃えたい。

・USBパススルー
自宅での使用が激しいので、自宅用に。
これがあればバッテリーはあくまで外出用なので、2本も持っていれば大丈夫(今持ってるのは6本w)。

・コンセントに挿す充電用USBポート
先日の旅行で「普通のコンセントからPCCへの充電手段が欲しい」と切実に感じたから。
2ポートタイプを考えています。PCCとパススルー繋ぐ感じで。
USBポートの方は電子たばこ屋というより、普通の通販かな。


さて、明日から新しいリキッドを開けます。
今度は最初からメンソール味のリキッド。これをそのまま使って、果たして何日もつのか、を正式に計ろうかと。
一応「リキッドは惜しまない」「出来るだけ本たばこは我慢して電子たばこ」「会社でのチャージももちろんこっちで」というルールで用いて、月に2本で足りるかどうかを判断したい。2週間ちょっともてば、毎月2本の購入で済むのだけど。
これでいければリキッドのブレンド作業から解放されるので、期待したいトコロ。

ひとまず洗浄したアトマイザーの動作確認も含めて、新カートリッジ3つとアトマイザーにチャージ。軽く吸ってみました。

・・・うーん、自分でブレンドしたリキッドの方が美味しい。

ちょっと残念ですが、ブレンドはお金がかかるので、こちらで我慢です。多少味は落ちますが、吸えないほどではないですし。
で、後は持ち運びように小さいボトルにリキッドを移す。
あっと言う間に半分になるボトル・・・ちょっと先行き不安になる減り具合ですが、まぁ小ボトルは15mlなので、そりゃ半分になりますわな。
ひとまず3/10頃までもつかどうか・・・大注目です。
posted by 柊雅史 at 13:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 電子たばこ

2010年03月05日

リキッドほぼ終了のお知らせ

ボトル1本(30ml)でどれだけもつか、を試していましたが。
ほぼボトルが空になりました。
元のボトルは空、残るは会社用に詰め替えていた小ボトルが2割ほど残っているのみ。
計算上、月に2本だと微妙に足りない感じです。さて、どうしたものか。
3本買えれば問題ないんですが・・・税関で引っかかりそうで怖い。
やるとすればボトル2本+ニコチン入りカートリッジを20個くらい買う感じでしょうか。
カートリッジ20個分がプラスされれば、一月は持つかもしれません。
輸入量の明確な基準がないのがねぇ。
3本、頼んでみるか否か・・・うーん・・・。
posted by 柊雅史 at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 電子たばこ

2010年03月20日

綿代用にチャレンジ

久々の電子たばこ日記。
ゃ、日記自体が久々なのですが。

というわけで、やってみたかった「カートリッジの綿交換」です。
今回は無難なところでキルト芯を使ってみます。
カートリッジ=1個50円くらいを更に安く上げなくては意味がないので、当然素材は100円ショップに期待。
近所にあるダイソーに出かけ、お裁縫コーナーへ突撃。
話によるとここでキルト芯が買えるとのことですが・・・残念なことに探していたレギュラータイプのキルト芯はなし。
あったのは圧縮した芯(?)が片面についたタイプでした。圧縮されている面は明らかにリキッドが染み込まないと思われるので、一度スルー。以降、毎週のように通ったものの、品揃えは変わらず。
諦めて片面に芯のあるキルト芯を購入しました。
かなりデカくて、それでも100円。上手く運用できればカートリッジは当分買わなくて済みますが、さてさて。

まずは切り出し。くたびれた綿を抜いて空にしたカートリッジに伸ばしたクリップを入れて深さを確認。大体カートリッジの半分くらいが底のようです。
とりあえずその長さに合わせてキルト芯をジョキジョキ。
うーん、この幅で切り出して行ったら、間違いなく年単位で持ちそうです、生地。
でもって適当な大きさに切って、長方形に。
ここで圧縮された芯部分を引っぺがします。これは思ったよりも簡単に分離できるので、片面に芯があるタイプの記事でも問題はなさそうです。
かくして綿が完成。
見た感じ&手触りは、オリジナルの綿に比べるとちょっと繊維が細かくて高密度。
そのままでは薄い&高密度なので、指で生地を解します。それでも繊維の細さが相まって、オリジナルに比べるとちょっと密度が高い。
ひとまずカートリッジに突っ込んで見ると・・・うーん、やはり密度が気になる。そのまま上からリキッドを垂らす。
雫が一瞬綿の上に盛り上がって、じわ〜と染み込んで行く感じ。
ちょっとオリジナルに比べると染み込み速度が遅い。
そうやって4滴垂らしたところで、染み込まなくなってしまった。
これは明らかに染み渡ってない、よね? オリジナルでは多いと10滴以上染み込むので、量的には半分だ。
ここで綿を取り出してみると、案の定1/3程度しかリキッドが染みていない。やはり密度か?
ひとまず中腹に直接リキッドを染み込ませてから、綿を押し込む・・・ドロリとリキッドが溢れてしまった orz
もったいない・・・リキッドは貴重なのに!!
完全に浸してしまうと、やはり押し込んだ時に溢れてしまうようなので、今後は要注意ですね。
で、早速電池に装着して一吸い。
ぷは〜〜〜。
ふむふむ・・・味的には若干マイルドになった感じでしょうか。煙の量的には問題なし。
後は毛細管現象による、リキッドの吸い上げが上手く行くかどうかですね。
現在、絶賛お試し中なので、結果は次回。
味が辛くなる(イガイガする?)感じになったらリキッド切れのサインなので、その気配が感じられた時にリキッドの残量がどうなってるかを確認しようと思います。
オリジナルの場合、当たりだと全体的に乾いていて白くなりますが、ハズレだと1/3くらい残っていてリキッドの色に綿が染まってる感じ。
浸透に関しては弱かった自作綿ですが、一度染みてしまえば底まで吸い上げるという可能性も十分ありますので、結果が楽しみです。
でもまぁ、結果がどうあれもう少しスカスカにした方が良いのかな、綿の量としては。
何かこう、コツみたいなものをご存知の方がいましたら、是非ともご教授下さいませ。


PS
使おうと思っている代行サイトが、2月からずっと正月対応で注文受け付けない状態になっているので困る。
リキッドも注文できないから、残量が心許ない。
一度他のサイトで頼もうかなぁ。価格がかなり違うので、残念なのだけども。
てか、リキッドって30mlを3本注文したら税関に引っかかっちゃうのだろうか。
月の消費量を考えると、2本じゃ足りないんですよねー・・・。
でも大抵、目安は2本までってなってるんですよね。
一度3本注文にチャレンジしてみるべきか。うーん。
でもそれで税関に引っかかったら、面倒なことこの上ないものなぁ。


PS2
JTがついに煙の出ないたばこを発売するようですね。
電子たばことも違う感じで、果たしてどんなものなのか。
1本300円で半日程度・・・価格としては今の電子たばこの方が優秀ですが、メンテナンスやなんだかんだで煙っぽいのが出るため、喫煙所以外では吸い難い、という欠点もあります。
カートリッジなら4本400円なので、価格的にはそこそこかも?
5月に発売とのことですので、発売されたら試してみましょう。
いわゆるかぎたばこですが・・・かぎたばこって見たこともないので、どんなのか分からないんですよね・・・。
posted by 柊雅史 at 02:22| Comment(1) | TrackBack(1) | 電子たばこ

や、これはアリだわ・・・

さて、綿代替検証。
前回、溢れながらもどうにかリキッドを浸して吸い始めたのですが。
いやいや、浸透は悪かったのですが、吸い始めるとこれが結構長持ちします。
オリジナルの新品には負けるけど、2〜3回使ったオリジナルよりかは全然アリです。
味に辛みが混じったところで綿を引っ張り出してみると、普通に一番底までが白くなってます。予想通り、一度浸してしまえば吸い上げは上々のようです。
これは・・・アリですね。全然アリです。
今後はオリジナルを2〜3回使ったら綿を交換して、カートリッジ自体の購入頻度を下げようと思います。


てか、綿はもうダイソーのキルト芯で本当に十分です。
USBパススルー+キルト芯カートリッジ。自宅ではこの体制で行こうと思います。
外ではリキッドチャージのやりやすさから、オリジナルかなぁ、と思いますけども。
posted by 柊雅史 at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 電子たばこ